2017年01月16日

冬の旅その2 青森~鯵ヶ沢

先週、旅に出ていました。機器故障によりネット環境劣悪のため、たいへん遅くなりましたが前回記事の続編です。1月11、12日の旅日記です。

前日泊は岩手県は鶯宿温泉、そしてその日は青森県へ。本当は男鹿半島経由で日本海沿いに北上したかったのですが、その日は現在進行中の最強寒波が日本海側で猛威をふるい始めた日。悪天候を避け、内陸の東北道を通って青森に行きました。

青森では、三内丸山遺跡を見学。ただし…外はものすごい吹雪&強風…
DSCN7768.JPG
数分歩いただけで寒風に吹かれた耳が切れそうに痛く、すぐ館内に入りました。
館内にもいろいろ展示とか、勾玉や土偶などのクラフト体験もできて楽しめました。冬に野外の遺跡を見学に行く方は、スキー、冬登山並みのフル装備をおススメします。
DSCN7787.JPG
DSCN7793.JPG

次に、青函連絡船・八甲田丸を見に行きました。自分も知識としては連絡船は知っていますが記憶にはなく、青函トンネル世代です。今、その懐かしの青函連絡船が一隻、展示用に保存されています。
中はちょっとした博物館で、人形で昔の市場を再現しました。「別に町じゃなくて船内の様子でいいのに」とも思いましたが、これはこれで楽しめました。
DSCN7805.JPG

地下(?)には、国鉄車両がありました。好きな人にはたまらない(のかな?)国鉄カラーです。
DSCN7825.JPG
しかし、青函連絡船時代は車両ごと船に乗っていたんですよね、大胆なことに。潮位変動や波の動きがある中で、どうやって上手く陸のレールと船内のレールをつなげるのか?列車まるごと船に乗せるより、人だけ乗せて車両を両岸に用意した方が効率的なんじゃないか?…など、素人なりにいろいろ思いました。

夕方、吹雪の中を西へ…鯵ヶ沢町に到着です。鯵ヶ沢といえば、あの「わさお」や白神山地で有名な町です。宿泊は、鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」。この地にいた安東水軍に由来した名前で、露天風呂が船の形をしています。また、夕食の小鍋のフタが兜だったのもナイス!
DSCN7832.JPG
そして、白神山地の水とこの辺りの上質の米を使った、お酒がまたイイ!飲み比べセットは、1200円で5種類が味わえました。うまかったですよ!
DSCN7840.JPG

久しぶりに旅館に泊まり、お膳の食事をいただきました。
私にとって非常に居心地がよく(具体的に何が?と考えると自分でもわかりませんが、空気というか雰囲気が感覚的にとても良かったのです)、お気に入りの宿になりました。また、ゆっくり行きたいなぁ~。
posted by たけとんぼ at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください